出会い系で男女では立ち回り方が全く異なる

ネットの出会いを使う時に気を付けたいのが立ち振る舞い方です。

どう言う風に行動して行けばいいのか男女で異なるので注意が必要です。

 

例えば出会い系アプリにおいて女性が積極的に動き回って男性にアプローチするのはご法度です。

何故かと言いますと、男性は常にサクラの存在に怯えながら利用していると言う心理があります。

 

無料の場合はさほど気にしなくてもいいのですが、有料だった場合はサクラに惑わされるとお金を無駄にしてしまいます。

なのでやたら積極的で迫ってくる女性には気を張って皆さん男性陣は利用しています。

そう言う心理状態なので、女性が積極的に男性にアプローチするとサクラだと思われて無視されたり冷たくあしらわれたりするので注意して下さい。

 

女性は基本的にマッチングサイトでは待ちのスタイルを貫きましょう。

逆に男性は自分から動かないとサクラしか寄ってきません。

男性はマッチング機能を使って積極的に理想の相手を探して、良さげな子にアタックしまくりましょう。

数撃てばいつかは成功するものです。

それが男女の出会いです。

 

女性は男性からのアタックを待つスタイルなので、アップしている写真やプロフィールの内容が重要です。

自分から動かずに待っているので見た目が物を言います。

ご自身の写真をアップすれば男性からの反応は全然違うでしょうし、プロフの内容も重要になります。

 

まず自撮りの写真ですが流石にマッチングサイトでハッキリ顔を確認できる写真は使うべきではないです。

本人と特定できないくらいに光で飛ばしていたり、アプリで盛っている写真を使いましょう。

いわゆる詐欺写真ですよね。

 

もちろん顔を真正面から移さなくても横顔やローアングルな全体写真、最悪は後ろ姿でもOKでしょう。

取りあえず写真は最低1枚アップしておくようにして下さい。

男性の食いつきが全然違いますから。

 

そしてプロフィールですが30代や40代など大体の年齢、そして既婚未婚、利用している目的などを書きましょう。

恋活中です!」「近所に住んでいる遊べる友達募集中」「割り切った交際を希望」「30代なので本気で婚活しています」など大よその目的を書いていればOKです。